薄毛 対策・予防

薄毛・ハゲに悩んでいる人のためのサイト

若ハゲを治すために必要なこと【6選】若ハゲの原因と対策を紹介します。

薄毛知識

若ハゲを治すために必要なこと【6選】若ハゲの原因と対策を紹介します。

2018/04/24

薄毛というのは、40代・50代から徐々にハゲてくるイメージかもしれませんが、20代・30代から薄毛になる可能性もあります。もっとひどい人は10代からなんてことも。。

こういった若ハゲになってしまった人は、「どんどん薄毛が進行していくのか?」「今から薄毛を対策・予防すれば治るのか?」をテーマに若ハゲについて解説していこうと思います。

更に言うと、薄毛で悩んでいる人は若い内からハゲているといったデータがあるので自分が今少しでも「薄毛になり始めている」「もともと髪の毛が短く細いという人」は今から予防して対策することによって若ハゲを防ぐことができます。

若ハゲの原因

若ハゲの原因

若ハゲになっている人は様々な原因で薄毛になっていると考えることができます。

 

基本的に若ハゲになっている人の理由としては以下になります。

Point

  • AGA(男性型脱毛症)によるもの
  • 頭皮への負担によるもの
  • 生活習慣の乱れによるもの

などが原因で若ハゲになっている可能性が高いです。

具体的にどういったことかをそれぞれ見ていきましょう。

 

AGA(男性型脱毛症)によるもの

毛根がない

そもそも若ハゲに限らず薄毛の原因となっているのがAGA(男性型脱毛症)によるものです。

AGA(男性型脱毛症)は、男性の薄毛の約9割と言われていますので、AGAを発症すると額の生え際や頭頂部から徐々に髪の毛が抜けてしまいます。

そして、最終的には後頭部と側頭部を残して他のすべての髪の毛が失われていってしまうことが特徴となっています。

簡単に説明すると髪の毛が短く、細くなり抜け毛が増えてしまうことです。

頭皮への負担によるもの

頭皮への負担によるもの

また、AGA以外にも若ハゲになる原因として、頭皮に負担をかけている人も若ハゲになりやすいです。

若い人は自分が知らず知らずの内に、頭皮に負担をかけている可能性があります。

 

どういった行動が頭皮に負担をかける行為かと言うと以下のものがあります。

間違った髪の手入れ

若い人や、薄毛の知識がない人は間違った髪の毛の手入れをしている可能性が高いです。

具体的には、シャンプー選びやシャンプーのやり方、風呂あがりのドライヤーの使い方など手入れがわかっていない人のことです。

自分が知らず知らずの内に頭皮を傷つけている可能性があるので、薄毛についての知識を高めるようにしましょう。

紫外線

紫外線が過度に頭皮に当たりすぎると、髪の毛の成長サイクルが乱れてしまう場合があります。

例えば、海や屋外のプールも紫外線の影響もあって若ハゲ、薄毛の人にあまりよくないとされているのもこの理由なのです。

無茶なヘアスタイル

若いから自分はまだ薄毛にならないと思っている人は、カラー、パーマ、整髪料などでヘアスタイルで楽しんでいると思います。

特にカラーやパーマは頭皮にダメージを与える行為なので、あまりよくない行為です。どうしても、パーマやカラーをしたいと考えている人は頻度を減らしたり、間を空けた方が良いです。

整髪料に関しても、毛穴に詰まるので使用した場合はシャンプーで丁寧に頭皮から洗うようにしてください。

生活習慣の乱れによるもの

生活環境が乱れている人

若ハゲの人は、生活習慣が乱れている可能性もあります。

生活習慣というのは

生活習慣

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 喫煙している
  • ストレス

などが挙げられます。

これらの行動が若ハゲにつながっている可能性が高いです。上記のような行動を取っている人は血行不良になる行動となります。

血行不良になると、栄養を摂取していても頭皮に届かなくなります。

 

若ハゲの人はおそらく上記の理由によってハゲている可能性が高いです。

若ハゲの対策・改善方法

若ハゲの対策・改善方法

若ハゲになったら治らないの?ってお考えの人も今から対策・改善すれば治るようになります。

それでは、実際にどのようにすれば治るのか?を見ていきましょう。

頭皮ケア

頭皮ケア

私たちは毎日する行動として、頭を洗う(髪の毛を洗う)ことをしていますよね?

毎日の頭皮ケアは若ハゲを治すために必須です。
どういったことを気をつければ良いかと言うと

Point

  • 頭皮が傷つかないように、やさしく洗う
  • よく泡立ててからシャンプーを使う
  • シャンプーやトリートメントを流す際、よくすすぐ
  • 風呂あがりは、なるべく髪の毛を早く乾かす

上記のポイントに気をつけましょう。

シャンプー選びも重要なので、予算があればアミノ酸系シャンプーを使用することで頭皮への負担を軽減できます。

 

薄毛に効果的な食事

薄毛に効果的な食事

偏った栄養は、若ハゲの原因になってしまいます。

基本的に油っこいものは、薄毛になりやすいので控えるようにしてバランスが取れた食事を心がけるようにしましょう。

 

髪の毛に必要な成分は主に以下のもので形成されています。

成分

  • たんぱく質
  • ビタミン
  • 亜鉛

なので、薄毛を改善したい人は上のような栄養を気にするようにしてください。

運動・スポーツ

ウォーキング

近年、若い人の運動離れが進んでいます。

運動していない人は若ハゲになることがあります。
運動することでなぜ若ハゲが治るの?と思った人のために、説明すると

肥満にならないので、血行が良くなり、ストレスを発散することができるからです。

基本的に「薄毛=血行が悪い」という図式が成り立ちますので、若ハゲに関わらず薄毛で悩んでいる人は血行をよくするために意識しましょう。

オススメの運動はウォーキングや自転車が良いですね。

ストレスを発散する

お風呂

ストレスも若ハゲの原因となっています。

ストレスを溜めないようにすることは、不可能なのでストレスを上手に発散するようにしましょう。

先程紹介した「運動」もストレス発散するために効果的な薄毛対策です。

 

他にもストレスを発散する方法として

発散法

  • お風呂(温泉)
  • 旅行
  • 趣味を満喫
  • 睡眠

などありますが、自分で「ストレスを発散できるもの」ならなんでも良いですね。

禁煙する

禁煙する

タバコを吸っている人は薄毛になる可能性が高いです。

なぜタバコが若ハゲになるのかと言うと、タバコを吸うことで血管が収縮するので、頭皮に必要な栄養が届かなくなるからです。

なので、タバコを吸うと薄毛・若ハゲになります。

 

禁煙することは、難しいかもしれませんが若ハゲを治すためには大事なことなので禁煙するように努力しましょう。

育毛剤を使う

育毛剤を使う

若ハゲの人なら育毛剤を使用することをオススメします。

育毛剤は薄毛の初期段階なら、かなり効果的に若ハゲを治すことができます。

そもそも、育毛剤のことを知らない人のために育毛剤の効果を説明すると、育毛剤は「毛生え薬」と言ったものではなく、新たな髪の毛が生えるのを促進する育毛商品です。

育毛剤なら副作用もなく手軽にできる頭皮ケアなので、はじめて薄毛対策する人はお金をかけるなら育毛剤から始めてみてはいかがでしょう?

若ハゲ まとめ

若ハゲ 開放

若ハゲにまつわる主な原因と対策・改善法についてのご紹介となりました。

若ハゲを本当に治したいんだ!と言う人は毎日の頭皮ケアを行い、健康的な生活を心がけるようにしましょう。

薄毛は重度になる前に初期段階で対策・改善していれば治すことは可能なので、早めの対策をしましょう。

さらに育毛剤などで髪の毛のケアを促進することでより効果的に、若ハゲを治すことができます。

若ハゲをすぐに治したいかと思いますが、薄毛はすぐには治らないので、長い目で見ることになります。

 

焦らずに毎日コツコツと予防・対策するようにしましょう。

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ

-薄毛知識
-,